JavaScriptでできることはとても多い!初心者必見のプログラミング言語

JavaScriptというプログラミング言語はよく聞くけれど、実はどんなことができるのかよく知らないという人は意外と多いのではないでしょうか?
JavaScriptで実現できることは多く、WEBアプリケーションやWEBサイトを制作するために欠かせないものです。
ここではJavaScriptとは何か、どのようなことが実現できるのかを詳しくご説明します。

 

 

JavaScriptってどんなプログラミング言語?

 

インターネットでWEBサイトを閲覧する際にはIEやChromeなどのブラウザを使いますが、JavaScriptはこれらのブラウザ上で動くフロントサイドのプログラムを開発するための言語です。
では、「ブラウザ上で動く」とは一体どういうことなのでしょうか?大体のWEBサイトはブラウザ上で動いているのではないか、なぜわざわざ「ブラウザ上で動く」などと言う必要があるのかと疑問に思う人もいるかもしれません。これを理解するためには、クライアントとサーバーの関係を考える必要があります。

WEBサイトはユーザーが使用している端末上にあるブラウザから見ることができますが、WEBサイトのシステム自体はインターネット回線の先にあるサーバー上に存在します。このサーバーサイドプログラムは、PHPやJavaなど別の言語でプログラミングされています。
JavaScriptはユーザーの端末上、つまりクライアント側にあるブラウザ上で、サーバーと通信しなくても動くプログラムということになります。

JavaScriptのコードはHTMLファイルに直接記述したり別ファイルに記述したりすることで、コーディングが可能です。そのためHTMLやCSSとかかわりが深く、HTMLやCSSの次に学習することが多い言語です。

 

JavaScriptができること

JavaScriptで実現できることについてご説明します。
 

―動的なデザインの作成ができる

 

WEBサイトの画面はHTMLやCSSを使って記述されますが、HTMLやCSSでは画像や文章を表示するような静的な画面しか作ることができません。
そこでJavaScriptを使えばアニメーションを動かしたり色を変えたりという、動的な画面を作ることが可能です。

 

―イベント処理ができる

 

イベント処理とはユーザー側のマウスのクリックや動作をイベントとして取得し、さまざまな動きを実現することです。
例えば、入力した金額の桁数が多すぎた時にポップアップメッセージを出す、マウスを合わせると背景が動くなどの動的な画面を作ることができます。

 

―非同期通信ができる

 

JavaScriptでは、ブラウザ上で動くフロントサイドのプログラムを作ることができますが、フロントサイドのプログラムの処理を行う際にはサーバー側との通信は必要ありません。これは非同期通信と呼ばれるもので、サーバー側からの通信を待つことなく表示に時間がかからないというメリットがあります。

 

JavaScriptで作れるものはとても多い

 

JavaScriptではどのようなものを作ることができるのでしょうか?

 

―動的なWEBサイト

 

最近は画面上での動きが多く華やかなWEBサイトが増えてきました。
例えば、次々に画像がスライドして表示される、アニメーションが出現するなどの高機能なWEBサイトは、JavaScriptによって実現できます。
このような動的な機能とは、具体的にはどういうものなのかを見てみましょう。
 

・ポップアップ・プルダウン表示

WEBサイトによっては、入力不備などがあるとすぐにポップアップ画面が表示さる、カーソルを動かすとプルダウンが表示されるなどの、便利な機能が素早く処理されることがあります。
これは、サーバー側に通信しなくても、入力の有無や金額の桁数をチェックする機能や、プルダウンで表示される情報を保持する機能などが、JavaScriptで実現されているのです。

 

・動きのある図表

WEBサイトで図表が表示されることがありますが、情報が多いと見やすいようにソートしたりデータを検索したりしたくなります。しかし、このようなソートや検索機能を一からプログラミングするのは手間です。
JavaScriptにはDatatablesというライブラリがあり、これを使えば簡単に図表のソートや検索機能を作ることができます。

 

・Ajax

Ajaxとは、Googleマップなどをページ移動しなくても表示したり動かしたりできる機能のことです。
JavaScriptを使えばAjaxの機能を簡単に実現することが可能です。

 

―スマホアプリ

 

スマホアプリを開発する際には、JavaはAndroidに、SwiftはiOSに適しているなど、OSごとにプログラミング言語を選ぶ必要がありました。
しかし、JavaScriptならTitaniumなどのツールを使えば、AndroidとiOSのどちらにも適用が可能です。

 

―ゲーム

 

JavaScriptはゲームを開発することにも適しています。
なぜなら、JavaScriptにはゲームを開発するためのライブラリが豊富だからです。
ライブラリを使用することで、画像やアニメーションをふんだんに使用したゲームを比較的簡単に開発することができます。

 

JavaScriptを習得すれば仕事の幅が格段に広がる

 

初心者なら、JavaScriptを学ぶべきとよく言われます。なぜなら、JavaScript難易度が低いのにも関わらず、汎用性がとても高いからです。
JavaScriptは読みやすく書きやすいプログラミング言語であり、初心者にぴったりです。そのうえ、WEBサイト制作やアプリ開発、ゲーム開発など、幅広い分野で開発が可能です。
これまでご説明してきた通り動的で高機能なWEBサイトを構築することができますから、WEBサイト制作をする人は必ず習得すべきです。

 

JavaScriptは勉強方法も多岐にわたる

 

JavaScriptを勉強するためには、どのような方法が適しているのでしょうか?

テキストを買ったりWEBサイトを見たりして独学で勉強する、スクールに通うなどの方法があります。どの方法が適しているのかは人によって異なります。

黙々と勉強するのが得意な人、自分のペースで勉強したい人、もともとHTMLやCSSでWEBサイト制作の経験がある人などは、独学が向いています。
JavaScriptはメジャーな言語なので学習用のテキストやWEBサイトは非常に多く、独学でも十分習得できる情報が簡単に得られます。また、独学なら自分のペースで勉強でき、費用が安く済むというメリットがあります。
一方で、1人だとなかなか勉強がはかどらない、不明点を誰かに聞くことができず行き詰りやすい、効率が悪いことがあるなどのデメリットもあります。

ただ、全くの初心者である、1人で勉強する自信がない、集中して一気に習得したいという人は、スクールに通うのがおすすめです。
講師に直接不明点を聞くことができますし、一緒に学ぶ仲間ができるのはとても心強いでしょう。ただし、受講費用が高額になりやすく、仕事の後や休日にスクールに通う時間を確保する必要もあります。

独学でもスクールに通う場合でも、自宅にJavaScriptを学ぶための環境を整えましょう。インターネットが使えるパソコンとIEやChromeなどのブラウザがあれば簡易的な環境としては十分です。もっと本格的に学びたいと思ったら、EclipseやVisual Studio codeなどの総合開発環境をインストールしましょう。
JavaScriptでプログラムを組める環境を整えて、実際に動くものを作れるようにしておくことが重要です。自分で動くものをどんどん作ることで、習得が早くなります。

 

JavaScriptとJavaの違いは?

 

JavaScriptはJavaとどう違うのか?と疑問に思う人も多いかもしれません。この二つは名称が似ているだけで全くの別物です。
すでにご説明した通り、JavaScriptはユーザー端末のブラウザ上で動く、フロントサイドのプログラムを開発するための言語です。
一方、Javaはサーバーサイドのプログラムを開発することができる言語です。
二つの言語は、文法も全く異なります。
名前がとても似ているため混同しがちですが、全くの別物であることを知っておいてください。

 

まとめ


JavaScriptはブラウザ上で動き、動的で高機能なWEBサイトをプログラミングすることができるミィ。例えば、ポップアップメッセージやGoogleマップなどを埋め込むAjaxなどを実現することが可能だミィ!
また、WEBサイトだけでなくスマホアプリやゲームなどの開発も可能で、習得すればプログラマーとしての幅が広がるのは間違いないミィ。
習得するためには独学かスクールを利用するかを選ぶことが可能だミィ。どちらもメリットやデメリットがあるから、自分に適した学習方法を選ぶようにすると良いミィ♪

 

--