PHPでできることは?これから勉強を始める初心者にもわかりやすく解説

PHPはWeb系のエンジニアになるなら習得が必須な言語といわれています。そのため、習得したいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、実際にPHPを使うとどのようなサービスを実現できるのでしょうか?実現できることがわからないと、勉強する気にならない人もいるかもしれません。

そこで、PHPで構築できるのは何か、習得するためにはどのように勉強したら良いのかについてまとめました。これからPHPの勉強を始める方は、ぜひ参考にしてください。

 

 
 

HPでできることは、Webサービス・Webアプリケーションの開発

 

PHPはWebサービスやWebアプリ開発の分野で、日本でよく使われている人気の言語です。ここでは、Web系の言語として人気が高いPHPで実現できることについてお伝えいたします。

 

動的なコンテンツの作成に役立つ

 

PHPはWeb上で動的なコンテンツを作成するための機能を備えています。Webサイトに、記事や画像、ニュースなどの静的な情報を表示するだけなら、HTMLやCSSを使えば事足ります。
しかし、名前を入力してデータベースに登録し、情報を検索するなどの動的な処理ができなければ、多機能なWebサービスを構築できません。

それでは、Webサービスを構築するためにPHPで実現できる機能をいくつかご紹介します。

 

・入力フォーム

入力フォームは最も基本的な動的機能の一つです。画面に入力フォームがあり、ユーザーが文字や数字を入力すると、データベースに格納するというものです。

・ログイン認証

ログイン認証はWebサービスに欠かせないものです。ユーザーのアカウントをログイン認証で守ることで、自分の情報をIDとパスワードを知らない人に見せないようにすることができます。

・検索機能

検索機能も、Webサービスにはなくてはならないものです。入力した文字列でデータベースに登録された情報や、ネット上の情報を検索する機能はWebサービスに欠かせません。

 

―HTMLに埋め込んでコンテンツの機能を充実させる

 

すでにご説明したように、HTMLでは動的なコンテンツを作ることができません。しかし、PHPのコードをHTMLに埋め込み、動的なコンテンツを入れて機能を充実することができます。比較的習得が簡単なHTMLとPHPの両方を勉強することで、充実したコンテンツを作ることができるでしょう。

 

PHPが応用できるシステム

 

PHPはさまざまなWebサービスの開発現場で活躍しています。それでは、具体的にどのようなサービスを実現することができるのかご説明します。

PHPを応用させて実現できるシステムとは?

 

PHPを応用させて実現できるシステムには、次のようなものがあります。

 

・ECサイト

インターネットで商品を購入することができるECサイトも、PHPで構築することが可能です。

ECサイトでは一般的に次のような機能が必要とされますが、これらはPHPで実現することが可能です。

「アカウントの登録・更新・削除」
「商品検索、購入、予約、お気に入りの登録など」
「オンライン決済処理」
「商品の在庫管理や売り上げ管理」

 

・ブログ

ブログを作る際に、WordPressというブログ制作ツールを利用している人も多いのではないでしょうか。WordPressを利用すれば、美しいデザインのテンプレートを利用することで、クオリティの高いブログを簡単に作ることが可能です。実は、このWordPressもPHPで開発されています。したがって、PHPを習得すれば、WordPress自体をカスタマイズすることが可能です。

WordPressをカスタマイズすることで、より多機能で豊富なバリエーションのブログを作成できるようになるでしょう。

 

・SNS

SNSもPHPで開発することが可能です。例えば、FacebookはPHPで開発され、その後PHPを改良したHackという言語で作られるようになりました。SNSに備えられているユーザー管理や投稿管理、グループ管理などの機能は、全てPHPで実現可能です。

 

・API連携

API連携(アプリ連携)は、いろいろなWebサービスで見かけます。例えば、ECサイトでログインする際に、画面の下の方に「Facebookでログイン」などというボタンがあり、Facebookのログイン機能を使えることがあります。ECサイトとFacebookは全く別のWebアプリケーションですが、API連携機能により連携させることができるのです。ユーザーとしては、ログインに必要なIDやパスワードをいくつも覚える必要がなくなるため、とても便利です。
このように、Webサービスの開発で使われることが多いPHPであれば、複数のWebアプリケーションを連携させることができます。

 

・メール送信などのバッチ処理

PHPでは、簡単なバッチ処理の開発も可能です。バッチ処理といわれてもピンとこないかもしれませんが、バッチ処理とは裏で行われている処理のことです。例えば、予約しておいた商品が入荷した際に、入荷を知らせるメールが届くことがあります。この時、裏で一括してメール送信処理を行っているのが、バッチ処理です。定期的にデータをチェックして更新したり、決まった日時になったらデータを参照して必要な宛先にメールを送ったりする処理が、バッチ処理になります。

 

PHPのスキルは需要が高い

 

ここまでご説明してきた通り、幅広いWebサービス開発の場面でPHPが活躍しています。さまざまなWebサービス開発の場面でPHPエンジニアが必要とされているにもかかわらず、人材不足が進んでいます。そのため、PHPエンジニアのニーズは常に高い状況です。エンジニアにとって仕事に困らないというのは大事なことです。Webサービスに関わる仕事がしたいならPHPを習得すべきでしょう。

 

未経験でエンジニアになるためには、まずPHPの勉強から

 

PHPは比較的簡単で習得しやすいため、初心者向けの言語です。初心者が習得すべき言語としてJavaが挙げることが多いですが、JavaはPHPに比べると若干難易度が高いといわれています。そのため、未経験でエンジニアになるには、まずはPHPを学び、そこからプログラミングの世界を広げていくのがおすすめです。

それでは、具体的にどのように学べば良いのかについて、ご説明いたします。

 

本やアプリ、プログラミングスクールなどを活用する

PHPは最も広まっている言語の一つなので、テキストやネットの情報が数多く存在します。そのため、独学で習得することも可能です。ただし、ひとりで勉強を続ける自信がない人や、効率良く学びたいという人には、独学はあまりおすすめできません。その場合は、プログラミングスクールを利用するのがおすすめです。オンラインスクールならスクールに通うことなく、スカイプやインターネットを使って自宅で学習することが可能です。プログラミングでは覚えることがたくさんありますから、スクールで学んだことを復習し、反復学習することで確実に実力をつけることができるでしょう。

 

Javaと並行して勉強したい

JavaもPHPと並んでよく使われている言語なため、どちらも未経験エンジニアが必須で勉強すべきといわれています。そのため、PHPとJavaを並行して勉強することをおすすめします。世界で最もよく使われていると名高いJavaとPHPをマスターすれば、エンジニアとして活躍の場が広がるでしょう。

 

まとめ


PHPは、Webサービスの開発によく使われている言語の一つだミィ。そのため、Web系のエンジニアになりたいなら、習得しておくべき言語だということが分かったミィ。PHPを使えば、ECサイトやブログ、SNSなどのWebサービスを開発することができるミィ。また、API連携やバッチ処理などの機能を追加することも可能だミィ!

PHPは未経験の方が最初に学ぶ言語として適しているミィ。テキストやネット上の情報から独学で学ぶのも、効率を重視するならプログラミングスクールを利用するのも良いと思うミィ。

PHPはWeb系のエンジニアに必須といわれているスキルになるため、これからエンジニアになりたいと考えているのであれば、ぜひ勉強してみてほしいミィ♪

 

--