Javaでできることって何?初心者でも分かる特徴・システムへの応用法

Javaは、プログラミング言語の中でも王道といわれており、学ぶ人が多い言語です。そのため、Javaに興味を持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、実際にどんなことを実現できるのか、どのようなシステムに応用できるのかを知らなければ、どんな仕事に役立つのかが分かりません。

そこで、Javaがなぜ王道といわれるのか、Javaでできることとは何なのか、についてご説明します。Javaで何ができるのかを知ることで、習得した時にどのような仕事に役立てるのかが分かるでしょう。

 

 

そもそもJavaとは何か

 

そもそもJavaとはどのようなプログラミング言語なのでしょうか。まずは、どんな開発に向いているのか、習得時の難易度はどの程度なのかについてご説明します。

 

―大規模開発向けのプログラミング言語

 

Javaは大規模開発向けのプログラミング言語といわれています。その理由には、安定した品質を保てることや、開発者を確保しやすいということがあります。

Javaは安定したアプリケーションプラットフォームで動き、高い品質を確保できる言語といわれています。また、大規模システムは長期間にわたってメンテナンスが必要ですが、Javaは世界的に広まっている言語なので開発者を確保しやすくなっています。

一方、PHPやRubyは初心者でも習得しやすい言語で生産性が高く、どちらかというと小規模開発に向いています。

 

―Javaが応用できるシステムは多岐にわたる

 

Javaはあらゆる場面で使われている、汎用性が高いプログラミング言語です。OSに依存しないクロスプラットフォームであるという特徴があるため、Windowsやandroid、Linuxなど、さまざまなOS上で開発することが可能です。そのため、応用できるシステムは多岐にわたります。

例えば、Webサイトの掲示板などのWeb系システムや、PCにインストールして使うソフトウェア、家電などに組み込まれている組み込み系システムなど、ありとあらゆる分野で開発に使用することが可能です。また、その高い安定性から、大規模な銀行システムや商用のデータベースにも用いられており、幅広い分野で応用されていることが分かります。
したがって、Javaを習得しておくと、仕事で役に立つ場面は多いでしょう。

 

Javaでできること

 

Javaを習得すると、どのようなことを実現できるのでしょうか。ここでは、具体的にどのようなシステムがJavaで作られているのかをご説明します。これを読めば、身近にいくつものJavaによって開発された製品やサービスがあることが分かるでしょう。
 

―Web・PC・スマホなどのアプリケーション開発

 
Javaで開発されるAndroidアプリは非常に多いです。アプリの開発は、Java以外でも可能ですが、ほとんどのエンジニアが開発実績のあるJavaで開発を行っています。また、マイクロソフトオフィスの代わりに使うことでワードやエクセルなどの文書を編集できる、OpenOfficeもJavaによって開発されています。そのほかにも、Eclipseというコンパイラやエディタ、デバッグ機能がセットになっている開発ツールもJavaで作られています。

 

―Webサイトの作成

 
Webサイトを使ったさまざまなWebサービスは、今や人々の生活に欠かせないツールですが、その裏でもJavaが活躍しています。

例えば、多くの人が利用しているTwitterは、もともとRubyで開発されていました。しかし、利用者が増えるにつれて遅延が発生するようになったため、Javaによる開発にシフトしたというのは有名な話です。また、ECサイトやチケットなどの予約サイト、SNSなど、多くのWebサービスがJavaで作られています。

 

―ソフトウェア開発

 
Javaは多くのソフトウェア開発にも用いられています。
例えば、ディズニー映画などでよく使われるCGのソフトウェアから、ロケットや衛星に搭載されているソフトウェアにまで、使われています。このように、アニメから宇宙開発の世界まで、実に幅広い分野で開発に用いられているのです。

 

―家電などの組み込みシステム開発

 

Javaは、もともと家電製品の組み込みソフトウェアを開発するための言語として開発されました。Javaが開発された1991年頃には、テレビなどの家電製品にソフトウェアプログラムが内蔵されていました。しかし、家電製品がどんどんバージョンアップしていくたびに、ハードに合うプログラムを開発していては開発が追いつかなくなってしまうため、ハードウェアに依存しないプログラムとして作られたのが、Javaだったのです。

Javaによって開発された組み込みシステムが搭載されている家電としては、携帯電話やBlu-rayプレーヤーなどが有名です。

 

―金融機関の基幹システム開発

 

Javaはその安定性やセキュリティの高さから、銀行システムやクレジットカードシステムなどの金融機関のシステム開発にも用いられています。例えば、みずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行システムの開発に、Javaが採用されています。

 

Javaは高性能な分、難易度が少々高め

 

Javaはオブジェクト指向型と呼ばれる言語で、その考え方を理解するまでに慣れない人には時間がかかる場合もあります。プログラミング言語は処理の羅列だと思っている人にとって、オブジェクト、つまり「もの」を基本として考えるオブジェクト指向の考え方は難しく感じることも多いようです。しかし、全世界で最も使われているプログラミング言語の一つであるため、必要な情報を得やすく、学びやすい言語でもあります。したがって、Javaを習得することができれば、エンジニアとしての仕事に役立てることができるのです。

 

未経験からエンジニアになるためにはJavaの勉強が必須

 

ここまでご説明してきた通り、Javaが汎用性の高い言語であることがお分かりいただけたでしょう。その汎用性の高さから、Javaを習得していれば仕事に直結することが多いのです。

Javaは幅広い場面で用いられているため、Javaの勉強をすることはエンジニアになるために必須といえます。それでは、どこまでJavaの勉強をしておけば、エンジニアとして活躍することができるのでしょうか。

 

―まずは簡単なWebページやスマホアプリが作成できることが目標

 

Javaの開発者として仕事をするためには、まずは簡単なプログラムの作成を目標にすると良いでしょう。入力したデータをデータベースに格納して画面に出力し、Webサイトや簡単なメモ機能があるスマホアプリなど、簡単に動くものを作ってみましょう。

そして、Javaの基礎的な文法を学んだら、ライブラリやフレームワークを学んで徐々に応用力をつけていきます。プロのエンジニアが組んだコードを理解することで、実践力が身につくでしょう。文法や基礎ばかり学んでいてもあまり楽しくないですが、動くものができると勉強の成果を感じることができ、習得が早くなるでしょう。

 

まとめ

Javaは汎用性が高く安定的な開発が可能なことから、幅広い分野に用いられているミィ。例えば、TwitterなどのWebサービスや銀行システムの開発、ソフトウェアなど、Javaが使われている分野は多岐にわたるミィ。

その一方で、初心者が習得するには若干難易度が高いといわれていて、PHPやRubyなどの方が初心者にハードルが低くなっているミィ。しかし、Javaはあらゆる場面で活躍している言語なので、習得すればエンジニアとしての仕事の幅を広げることができると思うミィ!
まずは、簡単なプログラムを組むことを目標に、学習を進めてみるのが良いと思うミィ♪

--