Scalaでできることって何?Javaと深くつながる人気のプログラミング言語

プログラミング言語をこれから学ぼうと考えている人の中には、Scalaという言語に興味を持っている人も多いかもしれません。
Scalaは、最もメジャーと言われるJavaと関係が深い言語です。この言語を習得することでどのようなメリットがあるのでしょうか?
ここでは、Scalaで何を実現できるのか、習得の難易度はどれくらいかなどついて詳しくご説明します。

 

 

ScalaはJavaと深いつながりのあるプログラミング言語

 

Scalaの開発者はもともとJavaの開発に携わっていた人物です。
ScalaはJavaのオブジェクト指向言語の特徴を持ちながらも、関数型言語としての特徴も持っています。
オブジェクト指向言語とは、設計図となる「クラス」を定義し、その設計図に従って作られた対象、物を表す「オブジェクト」を操作するという言語です。初めてオブジェクト指向言語に触れる初心者は、なぜそんなややこしいことをするのかと疑問に思うかもしれません。しかし、この考え方に慣れると、「クラス」を定義しておくことで一から十まで物事を定義せずに済み、プログラムをコピーしやすいなどのメリットがあることに気づくでしょう。

一方、関数型言語とは、関数に引数を与えてその計算結果を戻り値として表示するなどという手法の言語のことです。
関数型言語を用いると、記述がシンプルになるというメリットがあります。

 

Scalaでできること

 

ScalaはJavaの特徴を引き継いでいるため、Javaでできることがほとんどできます。
ここでは、具体的に何ができるのかを見ていきましょう。

 

―WEB・スマホのアプリケーション開発

 

さまざまなアプリケーションがJavaで開発されていますが、もちろん、Scalaでも開発できます。
Scalaを使えば、WindowsアプリやスマホのAndroidアプリなどを作ることができます。
ただし、iOSのアプリ開発は少し特殊なため、Swiftの方が強いと言われています。

Scalaを使って作られた有名なスマホアプリに、SmartNewsがあります。SmartNewsをインストールすれば、国内外のあらゆる分野のニュースを受け取ることができます。

 

―WEBサイトの作成

 
WEBサイトを作成する場合は、ユーザー側のパソコンやスマホのブラウザ上で画面を表示するフロントエンドと、サーバー側で動く本体システムであるサーバーサイドの2種類の開発が必要です。
フロントエンドの開発には、WEBサイトの画面を作成するためにHTML/CSSやJavaScriptを使用します。一方、Java、Scala、PHPなどは、サーバーサイドの開発で活躍します。

TwitterはScalaで開発されたサービスです。Twitterはアメリカの企業が運営する世界的なSNSサービスで、月間のアクティブユーザーは日本でも4,500万人、世界では3億人を超えると言われています。
また、日本ではクラウドソーシングサービスのチャットツールであるChatworkも、Scalaで開発されています。

 

Scalaの学習をおすすめする理由

 

Scalaはプログラマーとしてキャリアアップするために学習をおすすめできる言語ですが、その理由についてご紹介します。

 

―コード量が少なくシンプル

 

Scalaの大きな特徴として、コードの量が少なく記述がシンプルということがあります。
Scalaは変数や引数、戻り値などの型がプログラムを実行する前にすでに実装されている、静的型付き言語です。変数や関数を宣言する際にコンパイラが処理してくれるため、変数の型を定義する必要がありません。そのため、型の指定をその都度行う必要がなく、コードの量が少なくなります。

ただし、シンプルなコードだからと言って、簡単に習得できるわけではありません。
初心者が苦手とするオブジェクト指向言語の考え方に加え、関数型言語の概念や仕組みを理解しなければ習得することが難しいからです。

 

―Javaとの互換性が抜群

 

ScalaはJava仮想マシンであるJVM上で動作します。
JVMとはJava Virtual Machineのことです。このJVMが、WindowsやMac、LinuxなどのOSとJavaで書かれたプログラムとのやり取りをしてくれます。そのため、JVMがあれば、OSが違うどんな環境でもJavaのプログラムを実行することが可能です。

また、Javaの膨大なライブラリを、Scalaでも利用できます。Javaで実装されてきた膨大なライブラリをそのままScalaでも活用できるという点は、他の言語と比べても大きなメリットです。

 

―最新技術とも密接にかかわる

 

Scalaは実績があるJavaをさらに改良させた言語です。そのため、構造がシンプルである、安全性が高いなどの特長があり、Twitterなどの巨大システムの開発にも耐えうる優秀なプログラミング言語です。
そのため、最新技術のプログラムに関わることも多くなっています。
これからプログラマーとしての可能性を広げたいなら、勉強することをおすすめします。

 

―Scalaエンジニアは重宝される

 

ScalaはJavaとかかわりが深く必要とされる場面が多いですが、Javaに比べるとScalaの技術者はそこまで多くありません。そのため、習得すれば、数少ないScalaのプログラマーとして現場で重宝されるでしょう。

Javaはプログラミング言語としては歴史が古く、20年以上も多方面で活躍しています。そのため、多くの企業や公共機関でJavaによるプログラムが使われています。そのプログラムをバージョンアップする際に、より安全性が高くシンプルな言語であるScalaに書き換えようと考える企業も多くなっています。
このように、Scalaを扱える技術者の需要は高いにも関わらず技術者が少ないため、年収は高めです。
習得しているプログラミング言語ごとの平均年収は、Scalaのエンジニアが最も高いという調査結果もあります。高年収を狙うことができるため、今後ますます注目される言語と言えるでしょう。

 

初心者にとってScalaは習得までに時間がかかる言語

 

Scalaは習得しておいて損はないプログラミング言語ですが、初心者向けの言語とは言えません。そのため、もしJavaを習得していないのであれば、まずはJavaの勉強から始めることをおすすめします。
すでにご説明したように、Javaは初心者がとっつきにくいと言われるオブジェクト指向言語です。ですから、Javaでオブジェクト指向の概念をマスターすれば、Javaの習得で得た知識をもとにScalaを習得できます。最初にScalaを勉強しようとすると、初心者には難しいオブジェクト指向言語と関数型言語の概念を一度に理解する必要があり、習得が困難になることが予想されます。
二つの言語を習得するのは回り道のように感じますが、最終的にはかえって効率良く習得できるはずです。
上記でもご説明した通り、Scalaの技術者の年収は他の言語の技術者よりも高いという結果が出ています。そのため、習得までに時間がかかるかもしれませんが、長い目で見ればプログラマーとしてキャリアアップすることも可能です。

 

まとめ

ScalaはJavaとの互換性が高いため、Javaの豊富なライブラリを使うことができる、JVM上で動作するため汎用性が高いなど多くのメリットがあるミィ!もちろん、Javaでできることはほぼ実現でき、WEBアプリやスマホアプリ、WEBサイト制作なども可能だミィ。また、記述がシンプルで最新の技術に対応しているというメリットもあるミィ!
ただ、ScalaはJavaのオブジェクト指向言語という要素を引き継いでいるミィが、関数型言語であるという要素も持っているミィ。初心者にはどちらも難しい概念なので、簡単に習得できる言語ではないミィ。そのため、まずはJavaを習得してから勉強を始めることをおすすめするミィ♪
Scalaの技術者は少なく需要が高いため、習得すれば現場で必要とされると思うミィ。Scala技術者の年収は高く、習得すればプログラマーとしてキャリアアップできるのは間違いないミィ!

--