これからのiOSアプリ開発はSwift!できること・今から学ぶメリットを解説

Swift はApple社が開発した言語で、習得することでiOSやMac向けのネイティブアプリ開発ができます。2014年にできたまだ新しい言語ですが、難易度が低いため初心者向けで、しかも、スマートな言語なため近年人気が高まっています。
ここでは、Swiftについて、習得するメリットは何か、実現できることは何か、無理なく習得するためのコツなどについて、詳しくご紹介します。

 

 

プログラミング言語「Swift」でできること

 

従来のネイティブアプリの開発は、Objective-Cという言語で行われていました。Swiftは従来言語であるObjective-Cと互換性があり、一緒に使うことも可能です。
では、Swiftを習得すると、具体的にどんなことができるのかについて、詳しく見てみましょう。

 

―iPhone・iPad・iPod touchアプリの作成

 

Swiftは、iPhoneやiPad、iPod touchなどのネイティブアプリ開発に使われることが最も多いでしょう。
特に、日本でのモバイルOSのシェアはAndroidよりもiOSの方が高く、iOS向けのアプリケーション開発の需要は高くなっています。今後もこの傾向は続くでしょう。
そのため、Swiftの習得ができれば、iOSのアプリ開発の仕事を得ることも可能です。iPhoneやiPadなどのアプリケーションの需要は、今後も高まっていくことが予想できますから、将来性もあります。
もちろん、Objective-Cで開発されたネイティブアプリのSwiftへの移行も比較的簡単に行うことができます。

ただし、Swiftの開発対象はiOSやMac向けのネイティブアプリにほぼ限定されます。
しかしながら、スマホアプリの開発を行う際には、iPhone用だけでなくAndroid用のアプリも同時に作るケースもあります。そのため、Androidアプリも同時に開発できるJavaなどの技術を身に付けておく必要があるかもしれません。

 

―Apple watchアプリの作成

 

ウェアラブル端末であるApple watchに対応したアプリの開発も可能です。
まだ使っている人はそこまで多くありませんが、発展途上の新しいジャンルです。面白いアプリケーションを作れるかもしれません。

 

―Macアプリの作成

 

Mac用のデスクトップアプリケーションを作ることも可能です。アプリケーションを作ればApp Storeでリリースもできますから、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

―他の言語にはない独自の機能

 

他の言語にはない、Swiftの独自の機能や特徴についてご紹介します。

一般的なプログラミング言語では、配列やディクショナリの型を指定する必要があります。しかし、Swiftは未分類でも配列やディクショナリに収納が可能なので、簡単で使いやすいものになっています。
また、セミコロンなどの決まった記号を使わなくても記述できます。
このようにSwiftは、シンプルでコーディングしやすくとても使いやすい言語です。

 

初心者がSwiftの学習を始めるメリット

Swiftを習得するメリットは数多く存在します。そのメリットについて、詳しくご紹介します。
 

―Swiftは将来性のある言語である

 

Swiftは従来使われていたObjective-Cをシンプルに改良した言語で、従来の機能を備えつつ使いやすく処理速度も向上しています。
また、XcodeというApple社が開発した公式開発環境を使うことができるため、さらに使いやすさが向上しています。Xcodeにはエディター機能やコンパイル機能、デバッグ機能が備わっており、開発作業を効率良く進めることが可能です。
さらに、Swiftには「perfect」、「Swifton」、「Slimane」、「Express」、「Kitura」、「Vapor」、「HttpSwiftServer」などの豊富なWEBアプリ開発フレームワークが存在します。これらのフレームワークを使いこなすことで、高機能なプログラムを比較的簡単に作ることが可能です。
このように、従来言語であるObjective-Cの機能を保ちつつ、使いやすさや処理速度、多様なフレームワークによる利便性などの点で、機能が向上しています。

Swiftの利用状況は年々増加傾向にあります。
今後も将来性が高い言語と言えるでしょう。

 

―難易度がさほど高くない

 

従来までのiOSやMacのネイティブアプリ開発では、Objective-cを使うのが主流でした。しかし、Objective-cはオブジェクト指向言語で初心者にはとっつきにくく、読みにくいと感じることも多い言語でした。
一方で、Swiftは読みやすさや使いやすさという点で格段に進歩しています。例えば、すでにご説明した通り、配列やディクショナリの使い方がシンプルである、セミコロンを使う必要がない、シンプルなコードであるなど、構造が初心者にもわかりやすいものになっています。
そのため、コードが記述しやすくなり、バグが混入しづらいため安全性も高まりました。
初心者でも習得しやすいレベルの難易度になっています。

 

―エンジニアの数がまだ少ないため仕事を得やすい

 

Swiftは広く使われるようになってからまだ日が浅いため、エンジニアの数はそこまで多くはありません。そのため、競争相手が少なく仕事を得やすいというメリットもあります。
また、従来のObjective-cによるプログラムからSwiftに移行するプロジェクトも徐々に増えており、技術者不足が進みつつあります。
Javaなどのメジャーなプログラミング言語を習得すればできる仕事も多いですが、その反面技術者も多く競争相手が多くなってしまいます。他のメジャーな言語を習得しても、よほど高いスキルがないと良い仕事ができない場合もあります。
しかし、Swiftを使いこなせる技術者はまだ少なく、良い仕事を見つけられる可能性は非常に高くなっています。そのため、人気急上昇中の注目の言語といえるでしょう。

 

Swiftを無理なく学ぶ方法

 

Swiftを無理なく学び、仕事に活かせるレベルの技術を得るためにはどうすれば良いのでしょうか。
独学で学ぶなら基本的なテキストと演習用のテキストを購入して勉強します。スクールに通ったりインターネットでeラーニングを利用したりする方法もあります。
どちらの場合でも、PCにSwiftの開発環境を整えることが重要です。なぜなら、Swiftに限らず、プログラミング言語を学ぶためには演習を繰り返し行うのが最も効果的だからです。自分で動くものを作成することで、プログラミング技術の習得が早くなるでしょう。
なのでiOSやmacOSアプリなどの統合開発環境であるXcodeを使用できる環境を整えましょう。macOSのユーザーであれば、Xcodeを無償でインストールできます。プログラムのエディター機能やコンパイル機能、デバッグ機能などが整っているため、スムーズにプログラミングをすることが可能です。

 

まとめ


SwiftはiPhoneやMacのデスクトップアプリなどのネイティブアプリ開発のために作り出された、プログラミング言語だミィ。Apple製品に関する仕事に携わりたいなら、習得が必須と言えるミィ。
Swiftは従来のApple製品開発用言語であるObjective-Cと比べ、格段に使いやすくシンプルで初心者にも習得しやすい言語になっているミィ。また、新しい言語なので技術者がまだ少なく、習得すれば貴重な技術者としてApple製品に関わる仕事を得やすいミィ!
このように、Swiftは将来性のあるプログラミング言語で、プログラマーとしての幅を広げたいなら習得するべきだミィ。
効率良く習得するためには、自宅にSwiftの開発環境を整えてプログラミング演習ができる環境を整えることをおすすめするミィ。演習を重ねることが、習得への近道となると思うミィ!

 

--